合宿免許の特徴と通学との違い

夏休みや春休みの長期休暇を利用して自動車免許を取得したいと考えている学生さんの中には、合宿免許の利用を検討している方が多いのではないでしょうか。

合宿免許とは教習所が指定した宿泊施設に滞在しながら集中的に教習を受けることによって、短期間で卒業検定の合格を目指すというプランです。

自動車教習所に通学で通う方法よりも短期間で且つより安い費用で免許を取得することができます。



特に通学の場合は自分の教習予定を自分で管理しないといけないので、予約の手間やスケジュール管理などの煩わしさがありますが、合宿免許の場合は、教習所側が全課程の最適な消化プランを調整してくれているので、最短2週間で効率よく免許取得を目指すことができます。


費用は「完全パック制」のところがほとんどであり、費用の中に教習費用、宿泊費用、一日1食の食費、上限がありますが往復の交通費などが全て含まれています。



更に追加料金を支払えば宿泊施設をシングルルーム、ツインルームにすることも可能です。



ただし、卒業検定を一回でパスしなかった場合には、別途延泊費用や再検定の費用が発生するプランもあるので、事前に確認しておくことが大切です。

合宿期間中は基本的に宿泊施設と教習所の往復のみで過ごさなければいけませんが、短期集中で教習を受けることができるので、通学よりも技能の習得を効率よくスピーディーに行うことができます。


また、全国から同年代の若者が集ってくるので、普段知り合うことができないような友人関係を築くことが出来るという楽しみもあります。