合宿免許は仲間づくりにも最適

合宿免許は自動車免許を取得することが目的で、それを短期間で集中して行うという方法としてのメリットがあるというものです。


仕事や学業の関係でどうしても合宿には行けないとか、自宅を離れられない事情があるという人を除けば、目的と方法に合致する人にとって、これほど有難い制度はないはずです。

本来のこととしては前述のとおりですが、もう一つ合宿免許には人間関係面で特筆に値する良さがあることを忘れてはなりません。それは、人間関係づくりに最適という点です。



人付き合いをするのは煩わしいという人にとっては、むしろ面倒なことという印象でしょうが、どうも友達づくりが苦手だとか、人付き合いが下手で困っているという人にとっては、これほどいい機会はないと言っても過言ではありません。


合宿免許という以上、一定期間寝食を共にして。
免許取得のためのもろもろの活動を行うわけですから、やるのは一人ひとりでも、共通の目的があり、合間のコミュニケーションや授業が終わってからの時間に、聞きたいことを仲間に聞いたり、様子を情報交換したり、相談したりということが必ず行われます。

そういうこと通じて仲間意識が醸成されるということになるわけです。そうなれば、合宿免許を卒業した後も、お互いに戦友として、たとえば車を買うときとか、保険に入るときなども情報交換がスムーズに行えるというものです。



人によっては、深い絆に結ばれて、生涯の友ということもあるでしょう。