免許を取得する方法のひとつである「合宿免許」

免許を取得する場合、通常、教習所へ通い取得しますが、「合宿免許」とよばれる地方などへ合宿しながら免許を取得する方法があります。

「合宿免許」とは、合宿をしながら短期間で集中して教習を受けて免許の取得をめざすというものです。



教習所へ通学して免許を取得する場合よりも、短期間で免許取得が可能なことと、通学の場合に比べて金額が安価ということからも、若者中心に人気があります。


期間が最短で2週間ということもあり、社会人などはあまり利用できないということからも、学生などの若い人が中心に利用しているようです。

また、「合宿免許」では、免許取得だけでなく、観光地への少し長めの旅行として考える人も多く、温泉があるところや、リゾートアイランドなどが人気です。

友人と一緒に申込みをして、観光を楽しみながら免許を取得しようというもので、地方の教習所では多くの特別プランを用意しているようです。

宿泊施設も多数用意して、それぞれのニーズに合わせて選択できるようになっています。



食事も自由に選ぶことができるケースが多いようです。



ただ、「合宿免許」でひとつ注意しなくてはいけないのでは、住んでる町での路上研修ができないということ、また、場所によっては高速での路上研修ができなかったりと、実際に免許取得後にすぐ運転する人は注意が必要です。


いざ、免許を取得しても、地方では道路が広く、信号も少なく、車も少なかったのに、いざ、戻ってきたら、状況が違いすぎて運転が怖いなんてこともあります。免許取得後の予定なども考えたうえで、「合宿免許」も免許取得の方法として選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。